本文へスキップ


主な取組みomonatorikumi

主な取組み

1.      土地改良事業の実施

 河川と水田をつなぐ土地改良施設の新設及び更新、農地の整備を行います。土地改良施設には、河川から取水する頭首工や、水を運ぶ農業用水路、排水路などがあります。

 規模の大きな土地改良事業は、国営・北海道が主体となって実施され、土地改良区は受益農家と国・北海道との調整役を担います。

2.      土地改良施設の維持管理

自ら造成した土地改良施設並びに、国・道が造成した施設のうち、土地改良区に譲渡委託された施設の維持管理を行います。維持管理業務には、施設機能を維持するための補修、水の取り水配分調整や施設の清掃・草刈りのどの管理作業があります。



  農業用水路更新     水路敷地の草刈り    田の区画拡大


 
 


水土里ネット東和のあゆみ
1.東和の歴史
水土里ネット東和は、国立公園大雪山より発する石狩川支流水系の自然流下の河水を利用し、明治36年東川土功組合の設立に始まり、明治41年東御料地土功組合(東神楽)、明治42年東旭川土功組合が逐次設立され、その運営は極めて平穏なものであったが、三土功組合の主源流である忠別川の上流に相次いで発電所が構築され、もとより低温の忠別川は20kmにわたる隧道流下によって水温の上昇が遮られ、低温水のかんがいに伴って収量低下を招き、農家経営は危機に瀕するところとなった。

このため農民は死活問題としてこの対策を要路に迫り、游水池設置の計画が立てられたが、計画のスムーズな実現と将来の円滑な配水及び総合開発のための水源を一つにする3土功組合統合の与論に則り、東川、東旭川、東神楽の頭文字「東」と併せ常に「和」をもって運営の根幹とする故をもって昭和17年東和土功組合を発足し、その後土地改良法施行により、昭和27年東和土地改良区に組織変更する。平成9年には、運営基盤の強化から隣接する5土地改良区(東川、ペーパン、桜岡、稲荷、志比内)と合併し現在に至っている。

【旧東川土功組合事務所】  
2.地域の稲作
 水稲の歴足は、明治25年に北海道開拓及び北方警備のため屯田兵400戸が旭川村(現在旭川市東旭川町)に入植したことに始まり、当時、稲作は北海道の北限に近い上川地方には適さないとされていたが、入植所の熱意により開拓初期から試作が行われ、試行錯誤の末に稲作に成功し、これに併せかんがい溝が造られていくこととなった。昭和40年代には、基盤整備事業が積極的に実施され農作業機械化が図られた。現在は,農家数の減少や農業国際化に対応するため、地域の担い手農家が中心となって地域一円に於いて国営、道営事業に取り組み、作業効率向上のための区画拡大、ほ場の汎用化を図る用排水路整備により、生産性の向上と安定供給を行うための事業展開を行っており、明治開拓から数え昭和に次ぐ第3期目の大規模農地開発期と位置づけ地域一丸となって邁進している。先人のなみなみならぬ苦労と努力を受け継ぎ、北海道でも有数の良質の米を生産する地域として知られるところとなったが、更なる向上を目指している。

明治の田園風景          水田区画の拡大
     

3.組織



 1.名 称 和土地改良区(愛称 水土里ネット東和) 
 2.理事長 外山 弘美 
 3.設 立     東和土功組合設立 昭和17年11月12日(午土第1050号指令許可) 
   東和土地改良区へ組織変更  昭和27年1月1日(北組第81号指令許可)
 4.認可地積  8.971.13ha (地区内一円の田)
 5.所 在   事務所:  旭川市東旭川町旭正312番地の13 
TEL 0166-32-2241 FAX  0166-32-2241
 東川事業所 : 上川郡東川町西町1丁目3-1 JA東川アグリサポートセンター内
TEL 0166-82-0500 FAX  0166-73-3649
 東神楽事業所:上川郡東神楽町北1丁目2-1 JA東神楽事務所内
TEL 0166-74-4005 FAX  0166-74-7241



 




























































店舗写真

information店舗情報



東和土地改良区

〒078-8368
旭川市東旭川町旭正312番地
TEL.0166-32-2241
FAX.0166-32-2244